料金の相場を知る

包茎手術を受ける際、泌尿器科のような病院で受けるか、包茎専門のクリニックのどちらかで手術を受けることになります。一般的にいわれているのは、やはり包茎を専門にしているクリニックで手術を受けることが無難だというようにいわれています。

ですが、ここで理解をしておかなければならないのが料金の相場についてなのです。もちろん、泌尿器科のような病院と包茎専門のクリニックでは手術の費用が変わってくるからです。
基本的に、泌尿器科では健康保険が適用されますが、専門のクリニックでは健康保険が一切適用されてきません。それらのことも考えてどちらで手術を受けるかを考えなければならないのです。
そこで専門のクリニックの相場なのですが、切らない方法なら2~3万円、切る方法なら5~40万円が相場の範囲となります。
料金の違いは手術方法の違いに対応し、料金の高い手術方法ほど自然な仕上がりになるとされているのです。

まずは切らない方法なのですが、切らない方法は軽度の仮性包茎に有効で、二重まぶたを作るなどの美容形成外科技術を応用し、包皮に自然なシワを作ることで陰茎の根元に寄せ亀頭を露出させる方法になってきます。この切らない方法による包茎手術の料金の相場は、2万円~3万円程度です。

次に切る方法なのですが、切る方法は大きく分けると「通常の切除方法」、「高度な切除方法」に別れます。
通常の切除方法では、陰茎の根元付近、または亀頭に近い部分の包皮を包皮が余っている分だけぐるりと環状に切除します。切除した上と下の部分を縫合すれば包茎手術は終了となります。
もちろん傷跡は残りますが、陰茎根元の陰毛の中、または亀頭近くの包皮にシワがある部分で隠れることになりますのでそれほど目立つことはありません。
この通常の切除方法による包茎手術の料金の相場は、5万円~15万円程度です。

最後に、多くのクリニックが通常の切除方法の他に、高度な切除方法による包茎手術を行なっています。高度な切除方法は仕上がりをより自然にするもので、クリニックにより独自の方法が行われているのです。
たとえば、あるクリニックでは陰茎のサイズをより精密に測定し、通常の方法で行うように直線的に切除するのでなく、陰茎の形に合わせて立体的に切除します。それにより、手術の仕上がりをより自然にすることができるのです。
やはりこういった高度な方法は、専門の治療器具や高度な技術を必要とすることになるため料金もそれなりに高額になり、高度な切除方法による包茎手術の料金の相場は10万円~40万円程度になってきます。