クリニックへの相談

包茎というのは、男性特有のコンプレックスであるということは誰でも知っていることになります。包茎ということで楽しい人生を送れていない人も少なからず存在はしているはずです。
そもそも、包茎というのは成人を過ぎれば自然に治ることはないといわれています。
ですが、今では包茎手術というものが存在しており、手術というのも名ばかりで入院もなければ数時間で帰れるといったお手軽なものになっているのです。そういったことから包茎手術を受けてコンプレックスの解消へと一歩を踏み出す男性も今では決して少なくはないのです。

そこで、包茎手術を受けようと思う際には、まず包茎治療専門のクリニックへ相談に行くのがオススメになってきます。病院の泌尿器科でも包茎手術を行いますが、様々な点から考えて病院での包茎手術よる専門のクリニックでの包茎手術のほうが無難のようにも感じます。

まず、包茎手術を受けようと考える場合、多くの人は2つの理由があると思われます。
一つ目は「機能面」の回復になります。
真性包茎やカントン包茎のような重度な場合は性交ができません。仮性包茎など軽度の場合でも、性交での感度が低下したり、逆に過敏になったり、また包皮と亀頭の間に恥垢が溜まることによって感染症や性病にかかる可能性が出てきます。
包茎手術を行うことは、これら「機能面」での問題を解決することでもあるのです。正直なところ、包茎手術の専門クリニックで行なっても病院で行なっても、これらの「機能面」の問題についてはどちらも解決することができるでしょう。

しかし、包茎手術をしようと思うのは多くの人にとってはそれだけではないはずです。包茎だとどうしても、陰茎が子供っぽく見え性交の際に相手の女性に見られたり、お風呂屋さんなどで他の男性に見られたりするのが恥ずかしいということも、包茎手術を行う大きな理由になっていると思われます。
しかし、病院の泌尿器科はあくまで「機能面」の回復だけを考え、手術後の陰茎の見た目が立派になることなどは一切考えていません。そのため、病院で包茎手術を受けると陰茎がツートンカラーになってしまったり、性交時の感度が著しく低下してしまったりということが珍しくはないのです。

それに対して専門クリニックでは、美容形成外科技術を駆使することにより、見た目が自然な仕上がりになることを徹底的に配慮しています。ということから、専門クリニックで包茎手術を受けると手術の傷跡はほとんどわからないようになるのです。
最後に、病院の泌尿器科などは包茎手術を受けようと考える男性の繊細な気持ちに配慮することがほとんどありません。
それに対して専門クリニックでは、ほとんどのところがスタッフは男性のみ、また他の患者と顔を合わせなくて済むように予約時間を配慮するところもあるのです。